Frenchbulldog&Lifeときどき爺

cacography.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 04日

3匹仲良くできなくても

c0029654_11295313.jpg

爺さんが我が家に来たのはマメがヒート中の時。だからマメに近づきたくて「好き好きビーム♡」を発射してた爺さんですが、ヒートが終ったら全く興味なし!!!(笑)

いや、むしろマメの激しさに嫌気がさしているようで・・・・。

c0029654_11325766.jpg

びみょ〜な距離感(苦笑)

・・・・・・・・・ちらりとマメが爺さんの方を見るだけで・・・・・・
c0029654_1133492.jpg

あ、逃げた!!(笑)爺さん・・・・・。

c0029654_1134331.jpg

爺:「若いおなごは激しいのお・・・・」

ま、ね、マメは自分中心に世界は回ってると思っているワガマママメだからね。

とはいえ、♀には爺さんも何も言わないし何もしない。が、♂は別。ゴースケともさっぱり関係はよくない(苦笑)だからといって無理に3匹仲良くさせようとも思わないし、そのための努力や苦労は人間である私たちの責任だと思っている。

爺さんが我が家に来る事になった事も”だれか人間の勝手な都合によるもの”だ。

そのために私たちがいろいろ苦労を強いられても同じ”人間”の責任として追いたいと思う。

”犬たち”に責任はない。

そして、この子たちも捨て犬だった・・・・
c0029654_11453123.jpg

この子たちは水元公園のドッグラン工事をしているそばにロープでグルグル巻きにされていた。先日、オフ会に行く前に目にしたのだかその時は誰か工事関係者の犬かと思っていたのだが次の日、散歩に行くと保健所からの紙が残されていた。その後、気になって東京都動物愛護センターの収容動物を確認するとこの2匹がいた。

そして今はもういない。

もしかするとレスキューの方や個人の方が保護したかもしれないし、飼い主さんが現れたかもしれない・・・・。最近は雑種だけでなく純血種も多い。アフガン・ハウンドがなんで足立区の加平あたりにフラフラしてる(怒)!!なぜ西水元で保護されたコーギーがアフガンと同じく迷彩柄の布を付けている?収容動物の保護日時や場所、特徴をみればいろいろ分かる。

実は家の近くではもう1匹まだ保護できない犬がいる。

<お友達を探そう!>
フレンチブルドッグひろば
[PR]

by cacography | 2007-04-04 11:58 | フレンチブルドック


<< 感謝      カメラマン失格 >>