「ほっ」と。キャンペーン
2007年 07月 03日

フレブルと海外に行く方法

ゴーパパのドイツでの写真展のために私もマメと一緒にドイツに行きたいな〜と思って今年に入ってからいろいろ調べていました。昨日の『JALフレブルとブルドックの預かり中止へ』(国内&国際線全線。通年)を受けて、ちょっと調べた内容を書き留めておきます。フレブルと海外に行かれる予定のある方は少しですが参考になさってください。
c0029654_10142230.jpg


まず狂犬病注射の接種やマイクロチップの埋め込みや書類作成などありますが、とにかくフレブルと飛行機(機内持ち込み)に乗れるのか?というところから調べました。
ドイツですから直行便でも10時間以上はあるし、料金をケチればいろんな航空会社でも行けるけどトランジットも長くなり20時間以上かかる場合も。
はて?乗れるの??
(そもそも貨物に預けるつもりはないのですべて機内持ち込みを前提に調べています)

ユナイテッド航空
HPでは「座席の下に置けるペット用の檻に立ったまま収まるくらい小さなペットであれば、お客様と一緒に機内に持ち込むことができます。」と書いてありますが、一体どれくらい?と思い、問い合わせてみました。サイズは以下の通りです。
43×25×25(ソフトキャリー)43×30×20(ハードキャリー)
重量制限はありませんが、上記のキャリーに入る事が必要。

***************************************************************
ちなみにユナイテッドでも以下の犬種の預かり制限があります。
(受託手荷物及び 貨物の場合)
ペットの安全の為、2007年6月1日-9月30日の間は下記の鼻の短い犬種の受託手荷物及び 貨物としてのお預かりが出来ません。機内持込みの場合にはこの制限はございません。

ボストンテリア
ボクサー
イングリッシュ/フレンチブルドック
パグ
キングチャーリーズスパニエル
ラサアプソ
シャーペイ
シーズー
***************************************************************

ルフトハンザ
55×40×20(ケースと犬を含めて重量が8キロ以下)


エールフランス
HPでは、ケージ込みで6キロを超えないもの。
と書いてありますが、私が問い合わせた時点では4キロ以内(ケージの大きさは3辺の合計が115センチを超えないもの)でした。ちょっと変わったみたいですね。

アエロフロート
HPに情報がなかったので問い合わせました。
5キロ以内(ケージと犬を合わせて5キロ以内)。

タイ航空
HPから探せなかったので直接問い合わせ。
55×37×30(ケージと犬を合わせて10キロ以内)

スカンジナビア航空
HPには「ペット用コンテナ/キャリアを含んで合計8 kg/18 lbsまでのペットを機内にお持込できます。ペット用コンテナ/キャリアのサイズは40x25x23 cm / 16x10x9 inを超えることはできません」って書いてありますが、私が調べた時点では機内持ち込みできなかったはず・・・変わってました。

すべて機内持ち込みの場合です。今年の始めに問い合わせた内容です。変更等もあるかもしれませんから各自再度確認なさってくださいね。

サイズがギリギリだけど、重量制限がないユナイテッドはなかなか魅力的。とはいえドイツにアメリカ経由で行くのはバカみたいだし、トランジットもあるし時間がかかる。ユナイテッドは却下。一番いいのはルフトハンザ。直行便だしフランクフルトに到着すれば列車や車移動でもベルリンには行けるけど、なにより重量制限が・・・8キロなんて絶対無理!その他も重量がそもそも厳しい・・・どうしようか?と思って調べたのがタイ航空でした。愛犬家で有名なプミポン国王の国!きっと犬には優しいハズ〜と思って調べたらビンゴ!でした。キャリーサイズも大きいし、重量も10キロならばなんとか行ける。
c0029654_10572612.jpg

たまたま昔、購入していたキャリーバッグのサイズがぴったりでした♡いや〜行けるかも。

んが、数時間のトランジットがある。バンコクの空港で何か手続きがいるかも、と思って航空会社に問い合わせると「何もいりません」との返事。ホンマかいな〜。アヤシい・・・(どの航空会社も問い合わせると電話を受けた担当者によって答えがあいまいだったり、「〜だと思います・・」といまいち不安な回答をする人が多いので)。海外赴任された方の情報交換のサイトなども見てもやはりタイで何もなかったとは言ってたけど・・・・。

タイ大使館に問い合わせるものの、担当者が留守だったり電話にでないケースが多く、結局わからないまま、様々な理由が重なりドイツ行きを断念してしまいました(涙)。
c0029654_1151112.jpg


<参考にしたサイト>
A Wan!derful Travel with Your Dog・・・こちらには情報満載ですが、ちょっと古い内容もあるので要注意です。各航空会社の機内持ち込みサイズはこちらでも確認できます。
schalipage・・・しゃりままのサイト。今月愛犬との2回目の渡独予定なんですよ〜。

日本人が好きなハワイには手続きを代行してくれる業者もあるようですが・・・。今回断念したのは直前までドイツでの予定が立てられなかった事が最大の理由です。犬のためにドイツへ行くというよりも写真展のためですし、犬第一に考えられないスケジュールで行きたくなかったのですしね。
また短期間、観光のために行く海外旅行に犬を連れ回すなんて事は絶対したくないし。最低でも2週間〜1ヶ月滞在したかったのですが、それが難しかったので今回は見送る事に。

最近は小さいフレブルも増えてきたので機内持ち込みで海外に行けるかもしれませんね。でもまあ、フレブルはすご〜く厳しいですよ(苦笑)あんまり参考にならない情報でごめんなさい・・トホ。


・・・kosuke uchimuraの写真サイト。現在、ドイツ・ベルリンで写真展開催中!


・・・「フレンチブルドッグひろば」へGO!もっと海外のフレブルサイトが増えるといいなあ〜。
[PR]

by cacography | 2007-07-03 11:31 | フレンチブルドック


<< ドイツ便り・イベントでもフレブル探し      体質改善と『JALがフレブルと... >>